チャットレディに出会いを求めている勘違い客

チャットレディとスマホのアドレスを交換しようとするお客

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

携帯のメールアドレス教えてください、ラインやってませんか、などです。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

チャトレサイトには、チャットレディをやっている女性との出会いを求めているユーザーもいるので困ったものです。

出会い系のマッチングアプリでもないのに、女性と男性が出会えるサイトだと勘違いしてやっている人も中にはいるのです。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

なので、チャットサイトのメールアドレスにライン交換してくださいとかメールを送ってきたりする男性もいますし、チャットが始まってすぐにライン交換してくださいとかいってくる男性も一定数います。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

そういうウェブサイトを訪れた男性ユーザーは、当然のことながらそのサイトを使えば女性と出会えると勘違いしてしまって、出会い目的でチャットレディに直アドやラインを聞いてしまう客になってしまうのです。

以上のような流れがあるからこそ、出会い系サイトだと勘違いしてしまって、テレビ電話をかけていきなり、セックスしませんか?などと度肝を抜くようなことを聞いてしまったりするんです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

メルアドを教えてといってくる男性客

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

これからチャットレディをやる人も、すでにこういった体験を経験済みの人も、参考程度に読んでいただければうれしいです。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

こういったことを聞いてくる男性ユーザーというのは、チャットレディ側の女性も彼氏を募集していると思っている節があって、どんな彼氏が希望ですか?なんてことも聞いてきたりします。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ライン交換してください!と聞いてくる人

ライブチャットサイトに現れる男性客で一番多いのは、このラインを聞いてくる男性ユーザーです。

ライン交換してください!といって、最初の文面に自分のラインIDをつけて送りつけてくる人もいるくらいです。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まずメールでいきなり連絡先を聞いて、脈なしだと思ったらそこからまったく音信不通になったりということが往々にしてあります。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私の場合はすぐにお断りしているのですが、すごい人になると、思わせぶりな態度をみせて、何十回もメールのやりとりをしてしまう猛者もいるといいます。

男性のあそこを見せてくる客

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会えることを確信しているかのような人

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

こういった男性にも果敢に挑戦して、うまくチャット時間やメールの回数を稼いでいくのが、チャットレディとしてしぶとく生き残っていく方法だと思います。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

下心モロだしの男性客

ポイントがないにもかかわらず、メールを頻繁に送ってきて、エッチな自撮りをした動画をアップしてくれという男性もいます。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

そもそもアダルトコンテンツというのはポイントをたくさん使ってくれるお客さんのボーナスとして見えるものであって、ポイントをケチってみようとする客なんて最初から相手にしない方がいいでしょう。

いきなりエッチしてくださいといってくる

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

大手のマッチングアプリなどの男女の出会いを提供しているサービスなどはいくらでもあえるのに、チャットレディサイトで出会おうとしているのです。

チャットレディがやると危ない行為

ここからは、チャットレディがやると危険な行為を紹介していきたいと思います。是非参考に読んでみてください。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

会ってしまわないように

男性ユーザーとリアル世界であったことがあるチャットレディのエピソードをたまに目にしますが、正直危ないと思います。

実際の世界で男性ユーザーとあってしまったら、ネット世界で実際に会わなくてもいい危険なことをしなくてもいい副業だったのにもかかわらず、その最大のメリットが生かせませんよね。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

連絡先を教えてはいけない

チャットレディとしては、チャットサイトを介してやりとりをするからこそ、報酬になるのであって、個人的にプライベートでやりとりをしても稼げないのでやめておきましょう。

中にはしつこく直アドやライン交換をせがんでくる男性もいるかと思いますが、そういうときは、規約違反だということを伝えておきましょう。

むやみに引き延ばさない

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういう思わせぶりな態度で、チャット報酬を稼ぐテクニックを使っている女性は多いですが、こういう狡猾なのは精神的にもよくないでしょう。

最近では、コロナの真っ最中なので、自粛ムードが漂っていて、うかつに会うことができないことをいいことに、会いたいけどコロナだから会えないといって、うまいこと引き延ばしているチャットレデイもたくさん見受けられます。

ですが、こういったテクニックを駆使して報酬を稼いでいる女性は、最初から会う気なんてサラサラないわけなので、男性の下心をもてあそんでいるだけなので、道徳的にどうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

直メールなどを聞いてくる男性客には、どうやって当たり障りのない断り方をすれば穏便に済ますことができるのでしょうか。それを紹介して生きたいと思います。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

出会いの場でもないチャトレサイトの女性に連絡先を聞いてくる不届き者の男性には、チャットレディ営業所のスタッフに怒られるといっておけばOKです!

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

チャットレディと会員の直接的なやりとりは、どこのライブチャットサイトも禁止事項に書いてありますので、これを伝えれば、連絡先を聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

代理店のせいにする

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

ライブチャットサイトなどの外部の圧力で断らざるを得ないという設定にすることにより、男性客から教えてくれないやつだという避難も避けることができます。

仲良くなっても連絡先は交換しないのが原則!

チャットレディをやっていると、直アド交換やラインIDの交換など、連絡先を聞いてくる男性というのが後を絶ちません。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

現役のチャットレディの体験談で、男性客と会ってきたというブログなどを書いている人がいますが、実際の世界で男性客と会うのは危険なことだといえるでしょう。すべての人が善良とは限りません。

どんな意図をもって近づいてくる男性がいるのかわかりません。

アドレス交換した後、実際に会う約束をして会ったとして、個人情報などをしられると、後をつけられたりしてストーカーになってしまう可能性もなくはないですよね。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

また他にもデメリットとして、一人のそういった軽率な行為が、他のチャットレディ全体にも及んでしまうと言うことがあります。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

チャットレディをやる女性は、楽に安全に稼げる環境が整っているわけですから、この好環境を利用して思う存分稼いでいきましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

チャットサイトで連絡先を聞いてくる不届きな不躾な男をブロックすることにためらいをもってはいけません。男性客はたくさんいるので、他にもいくらでも時間を割いて相手をしなくてはいけないひとはたくさんいます。

チャットレディと出会えると勘違いしているようないやなお客さんはブロックして、ちゃんとお金になるような相手とチャットをするべきなのです!それこそが稼ぎのアップにつながります!